2010年04月07日

母「産後うつ」訴え 堺の揺さぶり死 地検が鑑定留置(産経新聞)

 堺市で生後2カ月の女児が頭を強く揺さぶられて死亡した事件で、殺人容疑で大阪府警に逮捕された母親の武中明日香容疑者(24)=堺市中区=が事件3日前、「産後うつかもしれない」と市の福祉担当者に訴えていたことが捜査関係者への取材で分かった。地検堺支部は1日、精神鑑定をするため、鑑定留置を始めた。期間は6月29日まで。

 地検堺支部は武中容疑者の刑事責任能力に問題はないとみているが、育児疲れで精神的に不安定になっていた可能性があるとして、当時の精神状態を解明しておく必要があると判断。地裁堺支部に鑑定留置を請求し認められた。

武田薬品がアルツハイマー型認知症治療薬市場に参入へ(医療介護CBニュース)
バイエルの抗がん剤の製造販売承認を承継―ジェンザイム・ジャパン(医療介護CBニュース)
国松元長官銃撃あす時効…根拠危うい構図に固執(読売新聞)
【from Editor】邦夫さんたち、違うだろう(産経新聞)
政党機関紙配布 旧社保庁職員に逆転無罪 東京高裁判決(毎日新聞)
posted by ナガシマ ワタル at 19:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。